しんレイジの日々平凡

50代・バツイチおっちゃんの平凡日記!

お裾分け「ブランチュール」ホワイトチョコ

f:id:sinreiji:20170429092243j:plain

チョコの甘さと珈琲の苦味が口の中で

ふぁっと広がる感じがなんとも好きです

 

ストレートコーヒーを初めて飲んだ時の事は今でも忘れられない思い出です

 もう30数年も前のこと・・・

 

高卒後、丁稚奉公(←wikipedia もう死語ですかね)先の社長さんに

街中の喫茶店につれて行かれ、

社長:レイジ君!通は砂糖やミルクを入れないよ

   まあまずはそのまま飲んでみなさい

と言われて飲んでみたけど

大人はこれを本当においしいと思っているのかなぁ?って

不思議に思ったものでした

それから3回目あたりから

その喫茶店の入った瞬間の珈琲の香りに魅了され

以来すっかりはまってしまったのです

 

その喫茶店には仕事が終わったあとほぼ毎日にように通い

ブラジルからブルマンまで飲み比べ、だいたいの特徴を

つかんだものでした

特に好きだったのは、ヘビーなマンデリン

そのお店は、サイフォンで淹れていたので

今でも、サイフォンには思い入れがあります

 

でもその後、数え切れない喫茶店=カフェに

行きましたが、サイフォンのお店にはなかなか当たらなかったですね

 

時々お店を作りたいという想いが湧いてくるときがあります

自分がマスターや経営者になりたいわけではなく

サイフォン式で淹れた珈琲とヨーロッパの田舎にあるような、

昭和にあった近所の駄菓子屋さん的雰囲気の

お店を作って毎日通う。。。なんていいなと時々思います

 

おやっさんの妄想でした。。。

サイフォンコーヒープロフェッショナルテクニック (旭屋出版MOOK)