しんレイジの日々平凡

50代・バツイチおっちゃんの平凡日記!

秘密のない家族

私の旧約聖書 (中公文庫)

まえがきで

戦後、母親と野菜を背負い、往来で売り、生活していた

その日の売上がプールされると、

それが、自分のうちにあるお金だと思っていた

 

この頃は、秘密がない・・・

秘密っていうか、わからんところがないんですね、どの家族にも

 

だからその後、いくらか世の中が落ち着いてからまた

ぐうっとうちの中が暗くなりましたけどね・・・。

   -------

世の中の本質を描写していると思う

私自身離婚の後、高齢の母と息子達と暮らす中

仕事や収入、心身や考え方などをオープンに話しをするようになってから

気が楽で落ち着いた生活が出来ていることに気づかされました。

 

事業をバリバリとこなしている時には

収入も人付き合いも、やっている内容も人並み以上の経験をしていたけど

でも今となってはただ自分で苦を作り出し、解決しようとし

その繰り返しで、心身とも草臥れていたと思う

 

だからといってバリバリ仕事をすることを否定しているのではなく

している自分に気づくことが苦に悩まされず生きられる

一番大事なことなんだと、この頃実感するんです。